国営明石海峡公園のチューリップ満開2019春

明石海峡公園のチューリップ

2019/04/12(金)の朝日新聞朝刊に淡路島にある国営明石海峡公園のチューリップの写真が1面に掲載されていました。淡路島に新玉ねぎを買いに行こうと思っていたところだったので、奥さんと小学生の娘と一緒に翌日の土曜日にさそっく朝一番行ってきました。

スポンサーリンク

簡単に淡路地区国営明石海峡公園について

私はしりませんでしたが、国土交通省が管轄する公園で全国に17あります。17カ所と言わないのは、今回行った国営明石海峡公園が淡路地区と神戸地区の2か所に分かれているからです。神戸地区はどんなところかよく知りませんが、神戸のしあわせの村の北にあるそうですよ。

今回行ったのは淡路島です。場所は下の地図のとおりです。

皆さんよくご存知ですよね。神戸側から明石海峡大橋を渡って最初にある淡路ICで降りてすぐです。

駐車場も何か所かあるようですが、我々は北側の淡路口ゲートから入場しました。

入場料金大人450円、小学生はなんと無料です。入場券は捨てないように持っておいてください再入場可能となっています。我が家もお昼ご飯をとりに車に一度戻ったので。

入場券の花火鳥?

この入場券の花火鳥、よく覚えておいてくださいね。後で出てきますよ。

想像以上の規模にビックリ!

開園直後、9:30の入場です。淡路口ゲートを入ると芝生が敷き詰められた公園が広がっています。

広い公園だということがすぐにわかりました

南に進んでいくと次第に花が多くなってきました。

チューリップ クルシアナ タコ?

クルシアナ・タコというチューリップです。明石のタコ?

桜も残っていました

桜も残ってます。よく見るチューリップが目の前に広がってきました。

芝桜

ピンクに染まった芝桜もきれいに咲いています。

いろんな花を見ながら、いよいよチューリップのエリアに突入です。

チューリップなど園内19万株

とてつもない数のチューリップが目の前に広がりました。

月のテラスより、何か見覚えあるの写ってますね

娘と一緒に月のテラスで写真を撮ったあと、娘に風景写真を撮ってもらいました。

我が家の女子たちは、自撮りするのが好きです。月のテラスを背景にパシャリ。

今日はスマホの次に大切な自撮り棒を忘れたんです

月のテラスから池のほうに行くと、月のテラスを背景に写せる写真台があります。カメラを置いてセルフタイマーでカシャリ。学生さんたちも楽しそうに写真を撮ってましたね。

池の北側の写真台からのアングル

入場券の花火鳥発見!

池の周りもチューリップがいっぱいです。

黄色のチューリップアップにするときれいですね

わかりました?火花

入場券の正体わかりましたか?

今は火花鳥ではありませ~ん

今の季節は赤い鳥ではなかったですね。緑に覆われたちょっとユーモラスな火花鳥でした。

池にも鳥がいました。足漕ぎのスワンボートで遊覧されている方もけっこういらっしゃいました。

遠くにスワンボートが見えます?

パームガーデンへ

昔停まったウェスティンホテル淡路夢舞台が見えてきたところでUターン。

ウェスティンに淡路夢舞台

池の西、山側の道を通って海側のパームガーデンに向かいました。

奇跡の星の植物園前の桜は満開で特にきれいでしたよ。

奇跡の星の植物園の入り口があります

途中面白い形の風車発見。

パームガーデンはなんだか南国っぽい風景です。

若干トロピカルな雰囲気

海側もとてもきれいです。

海を背景にまた自撮りしてますね。

じどらーな二人

この時点で5,000歩あるいてました。公園はとっても広いです。歩くのが苦手な方は夢ハッチ号が公園内は案内してくれますよ。

乗ればよかった夢ハッチ号

昼食はパークセンター北側の広場で

淡路口ゲートにもどってきました。

この時点で11時を過ぎていたので、少し早いですが昼食です。

ここで入場券が必要です。駐車場の車に乗せていたサンドイッチを取りに行って、再入場しました。

芝生広場の北側に夢っこランドも見えます。我が家は藤棚の下のテーブルで朝作った玉子サンドを食べました。お弁当やコーヒーを売っている露店もありました。

藤はもう少し先ですね。

12時30分、昼食が終わったところで、メインのポイント玉ねぎ詰め放題に向かいました。

つづく。

お気楽旅
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
Amazonアソシエイトについて
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
しーちゃんをフォローする
お気楽オヤジの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました