Bluetoothイヤホン JPA2 LiveとJPA2 MK2

JPA2 Live

先日、奥さんのイヤホンを中学生の娘が使っていて、断線させてしまいました。ということでスマホで使う新しいイヤホンJPRiDEというメーカーのBluetoothイヤホンを買ったので、使い心地のレビューです。JPRiDEは中華系のオーディオ製品を販売している会社のようですね。良く知りませんでしたが、お手頃で良い品があるようです。

amazonで皆さんの評価を参考に、ポチッとしてしまいました。

スポンサーリンク

JPA2 Liveはこんなのでした

JPA2 Liveです。

送られてきたのは長さ10cmほどのコンパクトな箱でした。この中に入っていたのはケースと説明書、ケーブル類。

ちょっとチープな説明書に各部の名称がかかれています。

本体を使うときにはこんな感じですね。

JPA2 Live イヤホン本体

カナル型と呼ばれるタイプです。

磁石が入っていてくっつくようになっているので、ちょっとまとめるときに便利です。

左右の見分け方は印を見てわかります。

JPA2 Live コントローラー

真ん中が電源ボタンで両端に音量のUP/DOWNボタンがついています。

優先/Bluetooth切り替え兼電源ポート

左右結ばれた線の下の部分にポートがついています。

附属の充電用ケーブルで充電できます。

有線変換ケーブル

うれしいことに、充電が切れたときには電源なしで優先ケーブルでつなぐことができます。

若干、Bluetoothよりも音質がクリアなように思えましたが、気のせいかもしれません。

ほとんど変わりないように思います。

今までの課題は線が邪魔だったこと

やはりBluetoothの一番よいところは線が邪魔にならないところです。

有線のものでも首の後ろに線を回せば、ほとんどストレスなし。

今まで自分が使っていたのは、普通の優先タイプのイヤホンをBluetoothオーディオレシーバーに差し込んで使ってました。

しかもイヤホンは収納が便利だとおもって、コード巻き取りタイプを選んでました。

この巻き取り部分が邪魔です。

Bluetoothオーディオレシーバーも邪魔です。

比べてみるとよくわかります。

それでも音質がよければよいのですが、JPA2 Liveに比べるとだいぶコモッタような感じです。

Bluetoothイヤホン JPA2 LiveとJPA2 MK2のまとめ

3時間ほどですが、自分のBluetoothレシーバーではなく、奥さんのを借りてみましたがもとには帰れません。ほとんど体に接触する部分がなく、音質もそこそこ良いとくれば、このタイプのイヤホンが欲しくなってきます。

2018/06現在、JPA2 Liveの後継タイプJPA2 MK2が発売されていますが、機能的にはあまり変わりないようです。自分も同じものが欲しいところですが、全く同じだったら芸がないので、同じくらいの価格帯で他のを探してみようと思います。

amazon prime day 直前ですよ!

エレクトロニクス
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
Amazonアソシエイトについて
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
しーちゃんをフォローする
お気楽オヤジの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました